投資信託

【2019年3月】投資信託3級の試験概要(内容)・試験日程

銀行業務検定試験 投資信託3級 試験概要 試験内容 試験日程

金融機関に就職すると、避けて通れないのが銀行業務検定試験。

その中でも「銀行業務検定試験 投資信託3級」の資格が近年非常に注目されており、若手職員を中心に取得推奨がされています。

 

2016年1月に日本銀行が実施した「マイナス金利」の影響で、お客さんの各種預貯金口座の金利がほぼ0%近くまで引き下げる金融機関が続出しました。

そのため、預貯金の金利に依存していたお客さんが離れていかないようにし、加えて手数料ビジネスの主軸として位置づけされ始めているのがこの「投資信託」なのです。

しかし投資信託の販売は取り扱い自体も非常に注意しなければなりませんし、投資信託の仕組みやメリット・デメリットをお客さんに説明するのは非常に難易度が高いです。

そこで、この資格を取得することで、投資信託に関する最低限の知識を取得することができ、セールス成立にも直結することでしょう。

 

今回は「銀行業務検定 投資信託3級」の試験概要(内容)や試験日程について解説し、次の記事にて難易度・勉強時間、そしておすすめの勉強法について解説していきます。

 

銀行業務検定試験 投資信託3級 難易度 勉強時間 テキスト 合格率
【2019年3月】投資信託3級の難易度・勉強時間・テキストhttps://seizonsensou.com/toushin3 上の記事にて、銀行業務検定の投資信託3級にかかる試験概要(内容...

 

投資信託3級ってどんな試験なの?

「銀行業務検定試験 投資信託3級」は、銀行業務検定協会が実施している検定試験です。

 

投資信託の販売は預貯金の販売と異なり、しっかりとした知識武装の上、ファンドの特徴や、世界経済状況、元本割れリスクなど、顧客に詳しく説明し納得してもらう必要があります。

そのため、投資信託の特徴はもちろん、世界経済や市場のしくみなどをしっかり理解していないと、販売に直結させることができない非常に厄介な金融商品です。

しっかり説明・納得してもらっても、買ってくれるかどうかはわからないし、無理におすすめすると違反行為になるし…

なので、この資格試験を通して、投資信託全般に関する知識を習得し、投資信託の販売(ノルマ達成)の確立を少しでも上げることができます

 

投資信託3級ってどんな問題が出題されるの?

この試験は投資信託の制度や取り扱い方、金融市場等に関する問題がマークシート形式で幅広く出題されます。

投資信託3級の試験内容
  • 投資信託の仕組み
  • 投資信託を売るときの注意点
  • 金融市場(マーケット)の概要

 

投資信託3級の合格点は?

正答率60%以上(4択マークシート50門中30問以上正解)で合格

合格率の状況によっては、ごく稀に合格点の引き下げがされることがあります。

 

投資信託3級の次の試験日はいつ?

2019年3月3日(日)13:30~16:00

受付期間:2019年1月7日(月)~1月21日(月)

 

投資信託3級の難易度・合格率・勉強時間・テキストを教えて!

次の記事にて、解説・紹介していきます。

銀行業務検定試験 投資信託3級 難易度 勉強時間 テキスト 合格率
【2019年3月】投資信託3級の難易度・勉強時間・テキストhttps://seizonsensou.com/toushin3 上の記事にて、銀行業務検定の投資信託3級にかかる試験概要(内容...

 

【参考】投資信託3級の基礎データ

投資信託3級の基礎データ
(次回)実施日付 2019年3月3日(日)
(次回)実施時間 13:30~16:00
出題形式 四答択一式 30問(各2点)
事例付四答択一式 20問(各2点)
科目構成 基本知識 30問
技能・応用(事例) 20問
投資信託の仕組み/投資信託の運用/セールス上の留意点/マーケット感覚の養成/その他
合格基準 満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
試験時間 150分

試験開始後60分間、終了前10分間は退席禁止

HP(出典元) 投資信託3級|経済法令研究会

 

【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>