証券外務員

【2019年】一種証券外務員の試験概要(内容)・試験日程

一種証券外務員資格試験 証券外務員一種 試験内容 試験日程

今や、銀行(金融機関)が株や投資信託を販売するのが当たり前の時代となり、様々な投資商品が登場しています。

中には、非常に複雑だったり、ハイリスクハイリターンな投資商品も登場しています。

しかし、そういった投資商品を販売するためには「一種証券外務員」と言われる資格を持っていなければ販売してはいけません。法令違反です。

そこで今回は、日本証券業協会が実施している「一種証券外務員資格試験」の試験概要(内容)や試験日程について解説し、次の記事にて難易度・勉強時間・合格率、そしておすすめの勉強法について解説していきます。

【証券外務員資格】取るべき資格・資格の違いを徹底解説!金融機関で働いている人なら、必ず取得しなければならない資格が「証券外務員資格」。 しかし、証券外務員資格には4種類(正確には6種類...

一種証券外務員資格試験ってどんな問題が出題されるの?

全ての投資商品を販売する担当者として絶対に知っておかなければならない次のような知識問題が出題されます。

  • 金融商品の取扱・販売に関する法令について
  • 金融商品そのものについて
  • デリバティブについて
  • 証券市場(マーケット)の制度・仕組みについて
  • 経済・金融・財政について
  • 株式会社について
  • セールス時のコンプライアンスについて
  • etc…

二種証券外務員資格試験で出題された問題を若干難しくして、そこにデリバティブ(信用取引やスワップ取引などの複雑な金融商品)に関する問題が追加されてきます。

出題形式は、○✕問題70問(2点)・5択問題30問(10点)の計100問です。

一種証券外務員資格試験の合格点は?

440点中308点以上で合格(7割で合格)

5択問題の得点ウェイトが非常に高いです。

一種証券外務員資格試験の受験資格は?

  • 特になし

二種証券外務員資格試験に合格していない・未受験でも、一種証券外務員資格試験は受験可能です。

ただし、試験に不合格となって再受験する場合は、前回受験翌日より30日以上経過しないと全ての証券外務員資格試験を受験してはいけません。(合格しても合格取り消し)

一種証券外務員資格試験の次の試験日はいつ?

平日ほぼ毎日受験可能

※受験会場は、全国各地にあるテストセンター(プロメトリック試験運営場)です。試験場に設置されたパソコンで試験が実施されます。

※受験申込日翌日から5日目(平日)以降の試験を申し込みができます。

※どこかの金融機関に所属している場合は、その金融機関を通じて申し込む必要があります。

一種証券外務員資格試験の難易度・合格率・勉強時間・テキストを教えて!

次の記事で紹介していきます。

一種証券外務員資格試験 証券外務員一種 難易度 合格率 勉強時間 テキスト
【2019年】一種証券外務員の難易度・合格率・勉強時間・テキストhttps://seizonsensou.com/syoukengaimuin1 前回の記事では、一種証券外務員資格試験の試験概要...

【参考】関連リンク先

日本証券業協会

【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>