証券

【2019年10月】証券3級の難易度・勉強時間・テキスト

銀行業務検定試験 証券3級 試験概要 試験内容 試験日程
【2019年10月】証券3級の試験概要(内容)・試験日程銀行の資金運用・管理部門に配属(または配属を希望する場合)された人や、証券会社や投資運用会社などに勤務している方が押さえておきたい資格の...

上の記事にて、銀行業務検定の証券3級にかかる試験概要(内容)と、試験日程について解説をしました。

この記事では、証券3級の難易度(資格偏差値)、合格率、おすすめのテキストについて解説・紹介をしていきます。

 

証券3級の難易度は?

専門用語が多く出ますが、証券外務員一種が取得できるレベルであれば何ら問題ありません。

 

(参考)証券3級の資格偏差値

偏差値:37

難易度:超簡単

出典:金融資格難易度ランキング|資格の取り方

法務3級の資格偏差値を参考にしています。

 

証券3級の合格率は?

40.99%(直近4回分の平均値)

試験実施回 合格率 受験者数 合格者数
第141回
2018年10月
30.94% 973名 301名
第138回
2017年10月
41.41% 1,053名 436名
第135回
2016年10月
50.05% 1,045名 523名
第132回
2015年10月
41.58% 1,282名 533名
銀行業務検定 証券3級 受験者・合格者数 合格率

合格率は、30%~50%と、ややばらつきがあります。(ボラティリティが大きいです。笑)

やはり、証券業務に関する試験ですので、金融工学的な専門用語がバシバシ出てきます。

その専門用語を理解し、慣れ親しんでおかないと、苦戦するかもしれません。

 

また、金融工学特有の若干難度の高い計算問題も出題されます。数ⅡBレベルの数学知識は必要でしょう。

 

とはいえとはいえ、他の銀行業務検定試験3級の科目よりは合格率が高めなので、ある程度勉強をしておけば十分対応ができ、確実に合格することができると思います。

 

前回試験(2018年10月)の合格率が30%と大きく落ち込んでいるので、次回の試験は調整が入り、若干軟化させてくるかなーといった勝手な予想があります。

 

証券3級の勉強時間は?

証券外務員一種取得者であれば、2週間~1ヵ月 程度です。

40時間~60時間程度さらっと勉強すれば、合格できるんじゃないでしょうか。

 

証券3級のおすすめのテキスト(参考書)は?

証券3級にかかる各種テキスト(参考書・問題集)は、公式のテキストしか販売されていません。

銀行業務検定試験公式テキスト 証券3級

準備中

銀行業務検定試験公式問題解説集 証券3級

準備中

証券業務の基礎

【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>