相続アドバイザー

【2020年3月】相続アドバイザー3級の難易度・勉強時間・テキスト

銀行業務検定試験 相続アドバイザー3級 難易度 合格率 勉強時間 テキスト
銀行業務検定試験 相続アドバイザー3級 試験概要 試験内容 試験日程
【2020年3月】相続アドバイザー3級の試験概要(内容)・試験日程金融機関に就職すると、避けて通れないのが銀行業務検定試験。 その中でも特に「銀行業務検定試験 相続アドバイザー3級」の資格は、若手...

上の記事では、銀行業務検定の相続アドバイザー3級にかかる試験概要(内容)と、試験日程について解説をしました。

この記事では、相続アドバイザー3級の難易度(資格偏差値)、合格率、勉強時間、おすすめのテキストについて解説・紹介をしていきます。

相続アドバイザー3級の難易度は?

相続に関する比較的簡単な問題がマークシート形式で出題されますが、相続特有のややこしい問題が出題されるため、年金アドバイザー3級含む他の3級試験よりは若干難しいかもしれません。

 

(参考)相続アドバイザー3級の資格偏差値

偏差値:37

難易度:超簡単

出典:金融資格難易度ランキング|資格の取り方

法務3級の資格偏差値を参考にしています。

 

相続アドバイザー3級の合格率は?

38.28%(直近5回分の平均値)

試験実施回 合格率 受験者数 合格者数
第144回
2019年10月
39.17% 6,542名 2,055名
第142回
2019年3月
42.27% 6,454名 2,728名
第141回
2018年10月
24.75% 6,542名 1,619名
第139回
2018年3月
39.13% 9,696名 2,924名
第138回
2017年10月
46.10% 6,353名 2,929名

データ出典元:経済法令オフィシャルブログ

相続アドバイザー3級 受験者・合格者数、合格率 (202003)

合格率は、20%~40%と、ややばらついています。

やはり、相続に関する問題が出題される試験ですので、若干難易度は上がります。

特に、民法や税法を少しでもかじっていない人は、相続を1から学ばないといけなくなるので、少し厄介かもしれません。

また、2019年に民法(相続法)が大きく改正されています。古いテキストではなく最新のテキストで必ず勉強するようにしてください。

相続アドバイザー3級の勉強時間は?

2週間~1ヵ月 程度です。

40時間~60時間程度さらっと勉強すれば、合格できるんじゃないでしょうか。

 

相続アドバイザー3級のおすすめのテキスト(参考書)は?

相続に関する様々なテキストは販売されていますが、この相続アドバイザー3級試験については、公式のテキストを用いるのがベストだと思います。

銀行業務検定試験公式テキスト 相続アドバイザー3級

銀行業務検定試験問題解説集 相続アドバイザー3級

相続アドバイザーの実務

【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>