勉強関連

「資格」はあなたの武器になる

世間ではどんな場面においても「資格」の取得が奨励されています。

しかし、一般的に資格取得ってすごい労力が必要です。

大なり小なり勉強しないといけないし、勉強したからといって絶対受かるわけでもないし…

でも、そんな壁を乗り越えて取得した「資格」はあなたの武器になります

 

そこで今回は、資格がどのような場面で、どのように武器になるか説明します。

金融機関 銀行 内定 大学生 働きたい 資格
銀行で働きたいと思ったら大学生のうちに取得すべき2つの資格銀行で働きたい!(内定が欲しい!) 金融機関で働きたい!(内定が欲しい!) そう思ったそこのあなた。 銀行を含...

希望する会社・業界への就職活動のエントリーが可能になる

皆さんが就職や転職活動をする際には、必ず就職を希望する会社の求人票を見て応募するかと思います。

そして、その求人票の欄にはほとんど必ず「資格」の欄があります。

つまり、資格を持っていないと就職を希望する会社に応募することすらできません。エントリーできる会社・業界が「資格の足切り」によって狭まってしまうのです。

もしあなたがどれだけ対人関係が得意で、頭が切れて、仕事ができたとしても、資格を持っていないと就職することすらできないのです。

 

 

就職・転職活動時の採用率が高くなる

就職を希望する会社に無事応募ができ、次のステージである選考(書類選考や面接)において資格は非常に有利な武器となります。

 

もしあなたがとある企業の人事担当者だったとして、応募してきた2人のうち1人を選ばないといけなくなったと仮定します。

1人は戦力となり得る資格を持っているが、もう1人は資格を持っていない場合、あなたはどちらを採用しますか?

当然、資格を持っている人を採用しますよね。

つまり、資格を持っていると採用率が高くなるのです。

 

競合相手(他の応募者)よりも1歩リードすることができるのが「資格」なんです。

 

 

専門的な仕事に就ける可能性が高くなる

資格を持っていると、その資格に関する専門的な知識を持っていると判断されることが多いです。

そのため、資格を持っているだけで専門的な仕事に就くよう任命される可能性が高くなります

そして、専門的な仕事に就くことで次のようなメリットがあります。

  • やりがいのある仕事ができる
  • 将来の幹部候補(エリートコース)になれる

 

 

日常生活に役立つ

資格を取得するためには相応の資格勉強が必要です。

そのため、資格勉強でかなりの量の「知識」を手にすることができます

手に入れた知識の中には日常生活で使える知識も当然含まれています。

資格勉強していない他の人よりも知識を多く手に入れたあなたは、その知識を活用して日常生活で自分自身にとって不利な選択しなくなり、日常生活をより有利に過ごすことができます

 

頭を活性化させることができる

一般的に資格を取得するためには、十分勉強して、試験などに合格しなければいけません。

そのプロセスの中で、知識のインプットとアウトプットが強制的に行われます

  • 資格テキストを読んだりすることを通じて、知識をインプット
  • 試験などで問題を解くことを通じて、知識をアウトプット

この知識のインプットとアウトプットが脳を活性化させることができると考えています。

学校を卒業した後の普段の生活において、能動的に知識をインプット・アウトプットする場面は滅多に遭遇しません。

そこで、その場面を無理矢理にでも作ることができるのが「資格(を取得するためのプロセス)」です。

 

 

最後に

仕事、育児。毎日の生活が大変だから資格勉強なんてする暇ない!

という声をよく聞きます。

 

しかし、資格はあなたにとって武器となります

そして同時に、他の人にとっても武器となります

 

今も現在進行形で他の人が、寝る間も惜しんで資格勉強に勤しみ、「武器」を手に入れています

それなのに、あなたは「武器」を手に入れなくていいのですか?丸腰のままでいいのですか?

周囲に勝ち、より豊かな人生を送りたい

そう本気で思っているのであれば、今すぐ資格勉強に取り掛かりましょう

【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>