勉強関連

【まだカフェで作業してるの?】図書館で作業すべき3つの理由

 

  • スタバのテラス席
  • Macbookを開いて
  • ドヤ顏で作業

私!作業してる!スタバで!作業してる!」感を味わうならカフェで作業もありかもしれません。

しかし、図書館の方がコストパフォーマンス抜群です。

今回は、作業するならカフェよりも絶対図書館をお勧めする3つの理由を説明します。

 

タダで利用できる

 

カフェは入場料(コーヒー代数百円)を支払わないと作業させてもらえません。

しかし、図書館は原則無料

さらに、条件付きで飲み物などの持ち込みが認められたり、冷水機を完備していたり、電源・無料Wifiを完備している図書館もあります。最強。

 

「どうしてもカフェのコーヒーを飲みながらじゃないと作業できない!」とか、「意識高い系を演じないと作業できない!」、「カフェじゃないとインスピレーションが降りてこない!」とか。

こういった人以外は、図書館で作業をすることをお勧めします。

 

超絶コスパのいい空間。それが図書館。

 

静かな環境で作業できる

 

カフェは「飲食店」なので、雑音(ノイズ)がかなり大きいです。

反対に、図書館は基本無音

ほんの少し足音とか、紙が擦れる音が聞こえるぐらいの超静かな環境で作業できます。

さらに図書館によっては、個室や静音室などを設けている図書館もあります。

 

超絶集中できる空間。それが図書館。

 

本がいくらでも読める環境で作業できる

 

カフェには基本的に本がありません。雑誌が数冊ある程度。

反対に図書館は、数百冊~数万冊の本が常に無料で読み放題です。

 

作業中に調べ物をしたくなった場合や、気分転換したくなった場合にすぐ本に手を伸ばすことができます。

知識のインプット→アウトプット→インプット→アウトプット→… このルーチンも容易に実現できます。

 

すぐに本が無料で読める空間。それが図書館。

 

カフェでどうしても本を読みながら作業したいあなたへ

  • 月980円
  • 和書12万冊・洋書120万冊以上が、PC/スマホ/タブレットで読み放題

AmazonKindle Unlimitedがおすすめです!無料で30日間の体験も!

 

最後に

 

カフェで作業もいいかもしれませんが、図書館で作業も侮れません。

最近の図書館はめちゃくちゃ便利になっているので、一度試してみてはいかがでしょうか。

【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>