法務

【2019年10月】法務2級の試験概要(内容)・試験日程

銀行業務検定試験 法務2級 試験概要 試験内容 試験日程

銀行業務検定試験法務3級に合格したら、次はぜひ法務2級に挑戦しましょう!

銀行業務検定試験 法務2級」については、ほとんどすべての銀行職員が必ずと言っていいほど取得しなければならない資格として各行にて定められています。

当然試験内容は法務3級よりも難しく設定されており、新人行員から1段ステップアップした中堅行員・初級管理職として抑えておきたい法務知識を手に入れることができ、業務の遂行をさらに確実に行うことができるようになるでしょう。

今回は「銀行業務検定 法務2級」の試験概要(内容)や試験日程について解説し、次の記事にて難易度・勉強時間・合格率、そしておすすめの勉強法について解説していきます。

銀行業務検定試験 法務2級 難易度 勉強時間 テキスト 偏差値
【2019年10月】法務2級の難易度・勉強時間・テキストhttps://seizonsensou.com/houmu2 上の記事にて、銀行業務検定の法務2級にかかる試験概要(内容)と、試...

法務2級ってどんな試験なの?

「銀行業務検定試験 法務2級」は、銀行業務検定協会が実施している検定試験です。

金融機関の「預金」「融資」「手形・小切手」にかかる法律について、事例に基づいた記述式の問題が出題されます。

新人行員なら誰でも知っているような知識ではなく、さらに一段突っ込んだやや複雑な知識が問われてきます。

法務2級ってどんな問題が出題されるの?

この試験は金融機関の3大業務+αの法律に関する問題が、「事例に基づく記述形式」で概ね出題されます。

事例を解読した後、複数の選択肢の中からあっているものを選択し、その理由などについて文章で記述していくといった内容です。

法務2級の試験内容
  • 事例に基づいた預金に関する法律問題
  • 事例に基づいた融資に関する法律問題
  • 事例に基づいた手形・小切手に関する法律問題

中堅行員・初級管理職としては絶対におさえておきたい知識です。

法務2級の合格点は?

正答率50%以上(大問10題出題)で合格

記述部分については部分点がもらえるので、わからなくてもとにかく書く!というのが合否を分けるかもしれません。

合格率の状況によっては、ごく稀に合格点の引き下げがされることがあります。

法務2級の次の試験日はいつ?

2019年10月27日(日)13:30~16:30

受付期間:2019年8月20日(火)~9月10日(火)必着

法務2級の難易度・合格率・勉強時間・テキストを教えて!

次の記事にて、解説・紹介していきます。

銀行業務検定試験 法務2級 難易度 勉強時間 テキスト 偏差値
【2019年10月】法務2級の難易度・勉強時間・テキストhttps://seizonsensou.com/houmu2 上の記事にて、銀行業務検定の法務2級にかかる試験概要(内容)と、試...

【参考】法務2級の基礎データ

法務2級の基礎データ
(次回)実施日付 2019年10月27日(日)
(次回)実施時間 13:30~16:30
出題形式 三答択一付記述式 10題
(1題につき択一部分2点・記述部分8点の配点割合)
科目構成 預金
手形小切手
融資
合格基準 満点の50%以上(試験委員会にて最終決定)
試験時間 180分

試験開始後60分間、終了前10分間は退席禁止

HP(出典元) 法務2級|経済法令研究会

 

【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>