デリバティブ

【2019年6月】デリバティブ3級の試験概要(内容)・試験日程

銀行業務検定試験 デリバティブ3級 試験概要 試験内容 試験日程

金融業界で名前の通っている資格試験、「銀行業務検定試験」。

その中の一つに、めちゃくちゃマニアックな「銀行業務検定試験 デリバティブ3級」という資格試験があります。

銀行員の中でもこの資格を受験する人は非常に少ないですが、一部の資金運用担当者や融資担当者、渉外担当者にとって非常に役に立つ知識を得られるのがこの資格です。

 

今回は「銀行業務検定 デリバティブ3級」の試験概要(内容)や試験日程について解説し、次の記事にて難易度・勉強時間・合格率、そしておすすめの勉強法について解説していきます。

銀行業務検定試験 デリバティブ3級 難易度 勉強時間 合格率 テキスト
【2019年6月】デリバティブ3級の難易度・勉強時間・テキストhttps://seizonsensou.com/derivatives3 上の記事において、銀行業務検定デリバティブ3級にかかる...

 

デリバティブ3級ってどんな試験なの?

「銀行業務検定 デリバティブ3級」は、銀行業務検定協会が実施している検定試験であり、「デリバティブ商品・取引」に関する基本的な知識を習得することができます。

 

 

…「デリバティブ」って一体何??一種証券外務員の資格試験で見たような気がする。

 

という銀行員の方がほとんどでしょう。笑

 

「デリバティブ」とは、通常のローンや株、債権、通貨などの金融商品から派生したマニアックな金融商品のことであり、ほとんどの場合がハイリスクハイリターンな収益を追求する金融商品を指します。

  • 金融商品を現時点の価格で、将来売買することを約束する取引(=先物取引)
  • 将来の売買権利を今の時点で売買する取引(=オプション取引)
  • 通貨(金利)を交換する取引(=スワップ取引)
  • etc…

などなど、普通に生活をしていれば絶対に扱うことのない金融商品に関する知識を習得することができます。

しかし、この知識、一部の銀行員にとっては非常に有益な知識なんです。

資金運用担当者はもちろん、貿易会社や投資会社といった企業を取引先顧客として抱えている法人渉外・融資担当者や、投資を派手に行っているお客さんを抱えている個人渉外担当者国債・投資信託販売担当者にとっては、デリバティブ取引に関する話題は割と頻繁に出てきます。

そこで、あたふたしたり、ぽかーんとしてお客さんから見下されることがないよう、デリバティブ取引に関する知識もしっかりと身につけておくべきです。

 

デリバティブ3級ってどんな問題が出題されるの?

この試験は、デリバティブ取引に関する基本的な問題が出題されます。

基本的とはいえ、非常にマニアックで難易度の高い問題が出題されます。

デリバティブ3級の試験内容
  • デリバティブ取引の基礎知識について
  • デリバティブ取引のリスクについて
  • 先物取引について
  • オプション取引について
  • フォワード取引について
  • スワップ取引について

ざっくりいうと、複雑な投資商品の取引の仕組みなどに関する知識問題や、複雑な投資商品の金利や損益に関する計算問題が出題されます。

デリバティブ3級の合格点は?

正答率60%以上(5択マークシート50問中30問以上正解)で合格

合格率との兼ね合いで、ごくまれに合格点の引き下げが行われる場合があります。

 

デリバティブ3級の次の試験日はいつ?

2019年6月2日(日)10:00~12:30

受付期間:2019年4月1日(月)~4月18日(木)必着

 

デリバティブ3級の難易度・合格率・勉強時間・テキストを教えて!

次の記事にて紹介していきます。

銀行業務検定試験 デリバティブ3級 難易度 勉強時間 合格率 テキスト
【2019年6月】デリバティブ3級の難易度・勉強時間・テキストhttps://seizonsensou.com/derivatives3 上の記事において、銀行業務検定デリバティブ3級にかかる...

 

【参考】デリバティブ3級の基礎データ

デリバティブ3級の基礎データ
(次回)実施日付 2019年6月2日(日)
(次回)実施時間 10:00~12:30
出題形式 五答択一マークシート式 50問(各2点)
科目構成 基本知識 5問
先物取引・フォワード取引 10問
オプション取引 15問
スワップ取引 15問
リスク 他 5問
合格基準 満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
試験時間 150分

試験開始後60分間、終了前10分間は退席禁止

HP(出典元) デリバティブ3級|経済法令研究会
【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>