証券アナリスト

証券アナリスト(CMA)資格を取得するための条件

証券会社や投資運用会社などに勤務している方はもちろん、銀行の資金運用・管理部門に配属(または配属を希望する場合)された人も絶対に押さえておきたい資格「証券アナリスト(CMA)」。

しかし、証券アナリスト資格を取得するためには様々なハードル(条件)を突破する必要があります。

そこで、証券アナリスト資格を取得するための条件について説明します。

証券アナリストとは

証券アナリストとは、証券投資の分野において、高度の専門知識と分析技術を応用し、各種情報の分析と投資価値の評価を行い、投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッショナルです。

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA®)は、当協会が、一定の学習、訓練、経験を通じて、証券アナリストとして必要なスタンダードに達したことを認定する資格です(®は登録商標<Registered Trademark>済みの表示です)。

https://www.saa.or.jp/cma_program/step/about/index.html

 

証券アナリスト資格最短取得コース

証券アナリスト資格を取得するために、

最短で3年

かかります。内容は以下の通り。

  1. 1年目:第1次レベル通信講座受講
  2. 2年目:第1次レベル試験3科目合格(春・秋どちらでも可) → 合格後すぐさま第2次レベル通信講座受講
  3. 3年目:第2次レベル試験合格 → すぐさま日本証券アナリスト協会に検定会員(CMA)として入会(ただし、この時点で実務経験が3年以上あること)

証券アナリスト資格を取得するための条件

証券アナリスト資格を取得するためには、次の条件を満たしている必要があります。

  • 第1次レベル通信講座 受講
  • 第1次レベル試験 3科目受験 → 合格
  • 第2次レベル通信講座 受講
  • 第2次レベル試験 受験 → 合格
  • 実務経験3年以上
  • 日本証券アナリスト協会に検定会員(CMA)として入会

第1次レベル通信講座 受講

証券アナリスト資格を取得しようと考えた人が最初にすべきことは、第1次レベル通信講座の受講です。

日本証券アナリスト協会に、第1次レベル通信講座の受講申し込みを行ってください。

申し込みはこちら → https://www.saa.or.jp/cma_program/cma1/index.html

通信講座に提出課題などはありません。ただテキストが送られてくるだけです。

第1次レベル通信講座を受けないと、次の第1次レベル試験は受験できません。

第1次レベル試験 3科目受験 → 3科目合格

第1次レベル通信教育を受講したら、次は、年2回(春・秋)実施されている第1次レベル試験を受験します。

第1次レベル試験は次の3科目で構成されており、3科目すべて合格することで次(第2次レベル通信教育受講)に進むことが出来ます。

  • 証券分析とポートフォリオ
  • 財務分析
  • 経済

日本証券アナリスト協会に、第1次レベル試験の受験申し込みを行ってください。

申し込みはこちら → https://www.saa.or.jp/cma_program/cma1/index.html

3科目同時に合格する必要ありません。

また、1科目だけや2科目だけ受験することも可能です。学習スケジュールに応じて受験ください。

第1次レベル試験を受験できるのは、第1次レベル通信講座受講の翌年以降です。

また、初回の受験機会(通信講座受講年+1年の春受験)から、3年以内(6回目の受験機会)までに3科目すべて合格しないと、通信講座の再受講からやり直しとなります。通信講座の再受講をしない場合は失効となります。

第2次レベル通信講座 受講

晴れて第1次レベル試験3科目すべて合格した人は、第2次レベル通信講座の受講に進むことが出来ます。

日本証券アナリスト協会に、第2次レベル通信講座の受講申し込みを行ってください。

申し込みはこちら → https://www.saa.or.jp/cma_program/cma2/index.html

第1次レベル通信講座と同様に提出課題などはありません。ただテキストが送られてくるだけです。

第2次レベル通信講座を受けないと、次の第2次レベル試験は受験できません。

第2次レベル試験 受験 → 合格

第2次レベル通信教育を受講したら、次は、年1回(春)実施されている第2次レベル試験を受験します。

第2次レベル試験に合格することで、証券アナリスト資格の取得が目前となります。

日本証券アナリスト協会に、第2次レベル試験の受験申し込みを行ってください。

申し込みはこちら → https://www.saa.or.jp/cma_program/cma2/index.html

第1次レベル試験とは異なり、科目別での合格や午前午後での合格判定はありません。1発で合格する必要があります

第2次レベル試験を受験できるのは、第2次レベル通信講座受講の翌年以降です。

また、初回の受験機会(通信講座受講年+1年の受験)から、3年以内(3回目の受験機会)までに合格しないと、通信講座の再受講からやり直しとなります。通信講座の再受講をしない場合は第1次レベルの通信講座からやり直し(失効)となります。

第2次レベル試験に合格してもまだ、証券アナリストとは名乗れません!

実務経験3年以上

苦労の末、第2次レベル試験に合格したら次に確認してほしいのが、「実務経験3年以上」ということ。

実務経験3年以上ない場合は、日本証券アナリスト協会に検定会員として入会する(証券アナリストと名乗る)ことが出来ません。

実務経験とは

検定会員(CMA®)の入会申し込みは、以下の条件が必要です。

(1)証券アナリスト第2次レベル試験合格者

(2)証券分析業務の実務経験を3年以上(合格前も含めた通算の期間)有する者または証券分析に関する学識経験者で証券分析能力を充分に備えた者(実務経験の例は以下ご参照)。

【実務経験の例】

  • 金融機関等における資産運用・証券投資相談業務(個人顧客、法人顧客とも含む)
  • 金融機関等におけるリサーチレポートの作成
  • 証券、債券、株式、不動産への投資業務
  • 債券、株式等発行による資金調達業務
  • 法人向け投融資、ならびに与信審査
  • 金融機関等における金融関連商品のITシステム開発
  • 経済、産業、金融に関する調査・分析業務
  • 事業会社における財務管理・分析・企画業務
  • IR業務
  • 監査法人における監査業務

https://www.saa.or.jp/about/member/kojin/index.html#anchor1

第2次レベル試験に合格してから実務経験3年以上ではありません。

これまでの実務経験が3年以上あればOKです。

実務経験が足りないなどの人は、証券アナリスト(CMA)と同等のサービスを日本証券アナリスト協会から受けることが出来る「証券アナリスト検定会員補(CCMA)」として協会に入会することが出来ます。

日本証券アナリスト協会に検定会員(CMA)として入会

すべての通信講座を受講し、すべての試験に合格し、実務経験3年以上あった人は、日本証券アナリスト協会に検定会員(CMA)として入会が出来ます。

入会したら、晴れて「証券アナリスト(注)」として名乗れ、証券アナリスト資格を取得・保有していることとなります。

入会はこちら → https://www.saa.or.jp/about/member/kojin/index.html#anchor1

正確には「証券アナリスト」ではなく、以下のように名乗ることが出来ます。

  • 公益社団法人日本証券アナリスト協会 検定会員
  • 日本証券アナリスト協会 検定会員
  • 日本証券アナリスト協会 検定会員(CMA®
  • CMA®
  • Chartered Member of SAAJ®
  • Chartered Member of the Securities Analysts Association of Japan

https://www.saa.or.jp/about/member/kojin/index.html#anchor1

最後に

証券アナリスト資格を取得するためには、様々なハードルを突破する必要があります。

加えて、費用も非常にかかります。

取得するのに最短で3年かかりますが、非常に重宝される資格なのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

 

【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>