勉強関連

お風呂の湯船に浸かるとき、暇つぶしに読書をしたい話

お風呂はいいよね…

 

 

全身の汚れが取れて、心までキレイになる気がする…

 

 

でもね…1つ気づいたんだ…

 

 

湯船浸かってる間、めっっっちゃ暇じゃね!?

 

 

湯船に浸かってる時間が暇すぎる問題

私自身、お風呂がめちゃくちゃ大好きで、

毎日湯船にゆーーーーっくりと浸かりたい派の人間です。

 

 

しかし、

 

湯船に浸かってる間、何すればいいの?

 

やることって言ったら、ぶっちゃけ瞑想ストレッチするくらいしかできなくない?

 

 

スマホを風呂に絶対持ち込みたくない2つの理由

スマホを風呂に持ち込んで暇つぶせばいいじゃん。

 

湯船に浸かりながらスマホを触ればいいって皆さん思っているかもしれませんが、

私はスマホを風呂に絶対持ち込みたくない理由が2つあります。

 

理由①:スマホが壊れて、スマホ決済できなくなったらやばいから

防水スマホなら風呂で使えるよ?

 

 

防水スマホだったり、スマホをジップロックにいれるなどして防水対策をしっかりやったとしても、風呂という高温多湿の厳しい環境に晒されたスマホちゃんは壊れちゃう(確信)

さらに私は今はやりのキャッシュレス生活を行っており、決済はすべてスマホ決済を行っているため、万一スマホが壊れてしまった場合、私は一文無しです。

その危険を回避するためにも、私は風呂に絶対スマホを持ち込みたくありません。

理由②:「日常」を風呂に持ち込みたくない

スマホは言うなれば、「日常」そのもの。

私たちはスマホを通じて電話やメール(LINE)が届いたり、SNS、ネットサーフィンを楽しんでいます。

スマホはなくてはならない存在であり、現実社会以上に密な関係となっているのです。

 

対して風呂は、神聖な場。

1日の疲れと汚れを洗い流してくれる、特別な空間なのです。

 

そんな場所(風呂)にスマホを持ち込んで、LINEの通知が鳴り響いたりすると正直腹が立ちます。

SNS上で自己顕示欲を満たそうとしている人々の姿(文字)を見て嫉妬するのも本末転倒。

 

なので、私は風呂にスマホを絶対に持ち込みたくありません。

 

本当は本を読みたいけど…

個人的に、風呂には本を持ち込んで、

ゆったりと湯船に浸かりながら読書をしたい。

だけど、本は紙媒体

紙を風呂に持ち込むのは超絶困難。

 

 

風呂で本を読める最強のガジェット&サービス

 

お風呂で本が読みたい…

 

そんな私の夢を叶えてくれる画期的なガジェットがこちら!

 

 

「新型」Kindle Paperwhite

 

Kindle Paperwhiteの新モデルは、新たに「防水機能(IPX8等級)」を備えたため、お風呂でも快適に読書ができるようになりました!

 

 

さらに、Amazonには超絶素晴らしいサービスがあります。

それが、

「Kindle Unlimited」です。

 

このサービスは、数万冊の本が月額980円で読み放題(30日無料)になります。

 

『Kindle Paperwhite + Kindle Unlimited』

この組み合わせで、「どこでも図書館」「風呂の湯船で図書館」が実現できます!

 

【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>