FP

銀行・証券会社で働きたい学生よ!FP3級を取れ!

金融機関 就活 就職活動 FP3級

銀行・証券会社・その他金融機関で働きたいと思っている学生諸君!

 

 

FP3級をとれ

 

 

金融機関への内定の確立がグッと高くなります。

はっきり言って、コスパ良すぎ。

 

金融機関の70%がFP資格を持っている学生を評価している

FP試験を実施している日本FP協会が各金融機関向けに実施したアンケート調査で、次のような結果が出ています。

 

Q27. 就職前に FP 資格を保有している学生と保有していない学生を比較した場合、貴法人では FP 資格を保有している学生をどのように評価しますか。

■就職前に FP 資格を保有している学生を評価する法人は 70%

出典:金融機関等におけるFP資格活用度調査|日本FP協会

 

 

つまり、金融機関への就活において、

何も持っていない学生よりも、FP資格を持っている学生のほうが圧倒的に優遇されて選考がされるのです。

 

FP資格は今まで金融機関の就活時に有利だと、あたかも都市伝説のように漠然と言い伝えられていましたが、

実際に、金融機関のほとんどが、FP資格を持っている学生を評価しているということがこのアンケートではっきりと分かりました。

 

 

…まあ、当然ちゃ当然ですが。

 

FP3級に合格(取得)していれば、内定の確立が格段に上がる

FP試験には、FP1級から3級、そしてAFPやCFPと様々なレベルがあります。

一体、どのレベルのFP資格を持っていればいいのでしょうか?

 

 

この疑問についても、先ほどのアンケートにて調査がされていました。

 

Q29.学生が就職前までに取得している FP 資格としては、どのレベルを期待しますか。

3 級 FP 技能士の取得」を期待する法人が 55%

(AFP・FP2級:約14% 、 レベルは特に関係ない:約31%)

出典:金融機関等におけるFP資格活用度調査|日本FP協会

 

 

ほとんどの金融機関は、FP試験の中で最も簡単なFP3級を取得していればよいという回答がされています。

 

FP3級を評価すると回答した金融機関の中には、地方銀行や信用金庫のみならず、大手メガバンクも含まれています。

 

 

 

FP3級って、正直2週間~1ヵ月もあれば簡単に取得できる資格です。

その資格さえあれば優遇されて選考が進み、金融機関の内定確率がグッと跳ね上がります。

 

 

2週間勉強するだけで、メガバンクに就職できちゃうかもしれないのです。

 

ちなみにこのアンケート調査において、

証券会社のほとんどはFP2級(AFP)以上で評価すると回答がされていました。

証券会社への就職を強く希望する学生は、FP3級にとどまらず、FP2級の取得を検討したほうがいいかもしれません。

 

まとめ

FP3級の取得は、金融機関の内定をゲットするためだけではなく、

実際に金融機関で働き始めても使える知識を手に入れられるいい機会です。

 

2週間~1ヵ月もあれば簡単に合格できちゃうFP3級。

 

このブログでは、FP3級の試験概要や難易度、勉強法をまとめていますのでぜひご覧になってください。

 

ファイナンシャル・プランニング技能検定 FP3級 試験概要 試験内容 試験日程
【2019年5月】FP3級の試験概要(内容)・試験日程金融商品は極めて多様化し、年金や相続、不動産といった制度も非常に複雑な日本社会。 にもかかわらず毎年必ず新しい金融商品が登場したり...
【銀行員なのに、まだ「経済紙」読んでないの?】
  • 資格さえとっていれば、十分でしょ…。
  • ニュースはWebやSNS、テレビで十分でしょ…。
  • 新聞なんて古いもの読まなくていいでしょ…。

 

銀行員として経済紙を読むのは、常識であり、マナーです。

銀行員は常に最新の経済・金融ニュースをインプットする必要があり、テレビやWebニュース、SNSでは十分にニュースを手に入れることができない場合があります。

銀行員として立派に働きたい、恥をかきたくないとお思いのそこのあなたにピッタリの経済紙を下のリンク先で紹介しています。

銀行員におすすめの経済紙まとめ >>